セレナのフルモデルチェンジは2016年秋か?

日産セレナと言えば、このクラスでは一番売れているミニバンです。

セレナは、2~3年ごとにマイナーチェンジ、フルモデルチェンジを実施しています。

現行型のセレナは、2010年11月にフルモデルチェンジし、2013年12月にマイナーチェンジを実施しています。だいたい2~3年周期でモデルチェンジしていますから、2015年末から2016年にかけてがフルモデルチェンジが予想される時期です。

ノア/ヴォクシーがフルモデルチェンジで、燃費を大幅にアップしてきていることもあり、セレナの販売は苦戦しているようですので、2016年まで待てるのか?というところもあるでしょうし、前回のフルモデルチェンジから2015年で5年ですから、2015年末の実施は十分可能性がありますね。

しかも、ステップワゴンも2015年4月にフルモデルチェンジされますから、よりいっそうの苦戦は間違い無さそうです。

スバルのエクシーガやマツダのプレマシーMPVなどもフルモデルチェンジ後のスタイル次第ではライバルになる可能性もあります。

セレナでは、S-HYBRIDをハイブリッド車として販売はしていますが、スズキのワゴンRが同様の機構をハイブリッドと大きい声で謳わないようにこれはハイブリッドというよりはハイブリッド風な機構です。

ですからフルモデルチェンジ後のセレナでは、正式なハイブリッド車が登場することになると思われます。ノア/ヴォクシーのハイブリッドは23.8km/Lですから、これを超えてこないと厳しいでしょうが、セレナに搭載されると噂される2L直4エンジン+モーターはまずはエクストレイルに搭載される見通しで、22.0km/Lにはなるようなので、ノア/ヴォクシーを超えるまで頑張るしかないですね。

また、ハイブリッド以外にも、ステップワゴン同様、1.5Lダウンサイジングターボも予想されています。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。